研究業績(2001-2010)

「表彰」「著書」は本研究室関係のもの,「論文」「国際会議」「研究会・学会大会」は本研究室所属者が筆頭著者のものの一覧です.

[論文]
[国際会議] [著書]
[研究会・学会大会]
[博士学位論文]
[修士論文]

論文

2010年

  1. Chen CHAO; Wataru OHYAMA; Tetsushi WAKABAYASHI; Fumitaka KIMURA and Kiyotsugu SEKIOKA. Motion Tracking of Local Myocardial Tissue Using a DP Tracking Method on M-mode Echocardiograms . Medical Imaging Technology. Vol. 28, No. 4, pp.271-278 (Oct. 2010)[Link to Journal]
  2. 川添 由美子, 大山 航, 若林 哲史, 木村 文隆: “濃度こう配特徴を用いたオンライン署名照合の高精度化”, 電学論C, Vol. 130, No. 12, pp.2142-2149 (Dec. 2010) [Link to Journal]
  3. 高橋 勇介, 劉 飛, 大山 航, 若林 哲史, 木村 文隆: “方眼格子による方位推定と地籍図のつなぎ合わせ”, 電学論C, Vol. 130, No. 12, pp.2150-2158 (Dec. 2010) [Link to Journal]
  4. 岡本 大地, 大山 航, 若林 哲史, 木村 文隆: “チェインコード化Merlin-Farber法を用いた正面顔正中線の自動抽出”, 電学論C, Vol. 130, No. 12, pp.2159-2166 (Dec. 2010) [Link to Journal]

2008年

  1. Lazaro S.P. BUSAGALA, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA: “Improving
    Automatic Text Classification by Integrated Feature Analysis”: IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems Vol.E91-D No.4 pp.1101-1109 (Apr.2008)
    [Link to Journal]

2007年

  1. Nozomi NAKAO, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, and Fumitaka KIMURA:
    “Automatic Detection of Facial Midline And Its Contributions To Facial Feature
    Extraction”: Electronic Letters on Computer Vision And Image Analysis (ELCVIA),
    Special Issue on Vision & Multimedia Processing – Vol.6, No.3, pp.55-66
    (Sep. 2007) [Link to
    Journal
    ]
  2. 劉 飛,大山 航,若林 哲史,木村 文隆:「一般化Hough変換による地籍図の再構成」:電気学会論文誌C,Vol.127,No.11,pp.1894–1901(Nov.
    2007 )

2005年

  1. Guowei Zu, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi and Fumitaka Kimura:”Automatic Text Classification of Engilish Newswire Articles Based on Statistical Classification Techniques”: Electrical Engineering in Japan Vol.152, No.1, pp 50-60 (July, 2005)

2004年

  1. 祖 国威,大山 航,若林 哲史,木村 文隆:
    「統計的分類手法による英文新聞記事のテキスト自動分類」:
    電気学会論文誌C, Vol. 124-C, No.3, pp 852-860(Mar.)
  2. 大山 航,稲見 真樹,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:「複数ROI結合相関法による局所心筋壁運動の自動追跡」:電気学会論文誌C,Vol.
    124-C,No.10,pp.2079–2086(Oct.)

2003年

  1. 大山 航,ノルライラ・ビンティ・イズマイル,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次: 「超音波ドプラ信号を用いた相関加重位相差法による局所心筋壁運動の自動追跡」:
    電子情報通信学会論文誌(A): Vol.J86-A, No.9, pp.917-928, Sep. 2003.[PDF] [PS.GZ]

2002 年

  1. 澤 和弘,大山 航,若林哲史,木村文隆: 「鋼材に印字された低画質文字列の認識」:
    電気学会論文誌C, Vol. 122-C, No.1, pp 84-89 (Jan.)
    [PDF]
    [PS.GZ]
  2. Meng Shi, Yoshiharu Fujisawa, Tetsushi Wakabayashi and Fumitaka Kimura:
    “Handwritten numeral recognition using gradient and curvature of gray scale image”:
    Pattern Recognition, Vol. 35, Issue 10, pp.2051-2059 (Sep.)
    [Abstract]

2001 年

  1. 大山 航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次:“2重しきい値法を用いた
    超音波心断層像からの心内膜輪郭線自動抽出とその信頼性の検討”:
    電気学会論文誌C,Vol. 121-C, No.9, pp.1448-1456(Sep.)
    [PDF]
    [PS.GZ]
  2. 澤 和宏,若林哲史,鶴岡信治,木村文隆,三宅康二:“こう配特徴ベクトルと変動
    吸収共分散行列による手書き漢字認識の高精度化”:
    電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol. J84-D-II, No.11, pp.2387-2397(Nov.)

[TOP]


国際会議のProceedings

2010年

  1. Gudila Paul Moshi, Lazaro S.P. Busagala, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi and Fumitaka Kimura:“An impact of linguistic features on automated classification of OCR texts”:Proceedings of the 9th IAPR International Workshop on Document Analysis Systems, pp.287-292 (June 9-11 2010, Boston, MA, USA) http://doi.acm.org/10.1145/1815330.1815367
  2. C. Chao, W. Ohyama, T. Wakabayashi, F. Kimura, and K. Sekioka: “Motion Tracking of Left Ventricular Local Myocardium in B-Mode Echocardiogram Using DP-Correlation Method”: IFMBE Proceedings of 6th World Congress of Biomechanics (WCB2010), pp. 477-480 (Aug. 1-6 2010, Singapore)
  3. A.Kokawa, L.S.P.Busagala, W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura: “Feature Selection and Integration in Automatic Classification of Japanese Texts”: Proceedings of the 2nd International Workshop on Regional Innovation Studies (IWRIS2010),pp.63-66 (Oct. 14-15 2010, Tsu, Japan)
  4. W.Ohyama, D.Okamoto, T.Wakabayashi, F.Kimura: “Performance Improvement of Automatic Facial Midline Detection by Chain-coded Merlin-Farber Hough Transform”: Proceedings of the 2nd International Workshop on Regional Innovation Studies (IWRIS2010),pp.67-70 (Oct. 14-15 2010, Tsu, Japan) *awarded an outstanding paper award
  5. Xi Luo, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi and Fumitaka Kimura:“Automatic Chinese Text Classification using Character N-grams”: Proceedings of the 2nd China-Japan-Korea Joint Workshop on Pattern Recognition (CJKPR2010), pp.160-165 (Nov. 4-5 2010, Fukuoka, Japan)
  6. Takuma Shimizu, Mariko Isami, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi and Fumitaka Kimura:“Color Recognition for 64-color 2D Barcode”: Proceedings of the 2nd China-Japan-Korea Joint Workshop on Pattern Recognition (CJKPR2010), pp.230-233 (Nov. 4-5 2010, Fukuoka, Japan)
  7. Yumiko Kawazoe, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi and Fumitaka Kimura:“Improvement of On-line Signature Verification Based on Gradient Features”: Proceedings of the 12th International Conference on Frontiers in Handwritten Recognition (ICFHR2010), pp.410-414 (Nov. 16-18 2010, Kolkata, India)

2009年

  1. W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura, S.Tsuruoka and K.Sekioka:“Automatic Extraction of SPAMM Grids in Left Ventricular Myocardium from MR Tagging Images”:Proc. of the First International Workshop on Regional Innovation Studies – Biomedical Engineering – (IWRIS2009), pp.25-26 ( Oct. 8 2009, Mie University)
  2. Chen Chao, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, Fumitaka Kimura, Kiyotsugu Sekioka:“Semi-automatic noninvasive assessment of local myocardial motion Using M-mode Echocardiogram”:Proc. of the First International Workshop on Regional Innovation Studies – Biomedical Engineering – (IWRIS2009), pp.27-30 ( Oct. 8 2009, Mie University)
  3. Kenta Nakayama, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayasehi, Fumitaka Kimura and Kiyotsugu Sekioka: “Denoising of Echocardiograms using Wavelet Shrinkage”:Proc. of the First International Workshop on Regional Innovation Studies – Biomedical Engineering – (IWRIS2009), pp.31-34 ( Oct. 8 2009, Mie University)
  4. T.Matsuda, W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura and K.Sekioka:“Tracking of Left Ventricular Myocardial Motion in B-mode echocardiogram”:Proc. of the First International Workshop on Regional Innovation Studies – Biomedical Engineering – (IWRIS2009), pp.35-38 ( Oct. 8 2009, Mie University)

2008年

  1. Kenta Nakayama, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayasehi, Fumitaka Kimura, Shinji Tsuruoka, Kiyotsugu Sekioka: “Speckle Reduction of Echocardiograms via Wavelet Shrinkage of Ultrasonic RF Signals” Proc. of 13th International Conference on Biomedical Engineering 395-398 (Dec. 3-6 2008, Singapore)

2007年

  1. Fei LIU , Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI and Fumitaka KIMURA: “Improvement
    of Cadastral Map Assembling Based on GHT”: Proceedings of the IAPR
    Conference on Machine Vision Applications, pp.571-574 (Tokyo, Japan, May
    16-18, 2007)
  2. Nozomi NAKAO, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI and Fumitaka KIMURA: “Automatic Detection of Facial Midline as a Guide for Facial Feature Extraction”: Proceedings of the 7th International Workshop on
    Pattern Recognition in Information Systems – PRIS2007, pp.119-128 (Funchal, Portugal, June 12-13, 2007)
  3. Busagala, L.S.P., Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka
    KIMURA: “Integrated Feature Analysis For Automatic Text Classification”: P.Perner (Ed.), Machine Learning and Data Mining in Pattern Recognition, MLDM 2007: IBaI Publishing ISSN 1864-9734, pp.16-26:(Leipzig, Germany, July 18-20, 2007)

2006 年

  1. Mayo MURATA, Busagala, L.S.P., Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka
    KIMURA: “The Impact of OCR Accuracy and Feature Transformation on Automatic
    Text Classification”: Document Analysis Systems VII by Bunke, H. and
    Spdz, A.(Eds.) DAS 2006, pp.506-517: (Nelson, New Zealand, Feb. 13-15, 2006)
  2. Fei Liu, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA: “Automatic
    Assembling of Cadastral Maps Based on Generalized Hough Transformation”:
    Document Analysis Systems VII by Bunke, H. and Spdz, A.(Eds.) DAS 2006, pp.593-603:
    (Nelson, New Zealand, Feb. 13-15, 2006)
  3. Wataru Ohyama, M.Shridhar and Paul Watta: “FACIAL FEATURE EXTRACTION
    USING GRADIENT FEATURES AND MQDF MATCHING”: Proceedings of Eighth IASTED
    International Conference Signal and Image Processing, pp.329–334 ( Honolulu,
    USA, Aug 14-16, 2006 )

2005 年

  1. Busagala, L.S.P.; Ohyama, W.; Wakabayashi, T.; Kimura, F. (2005).
    Machine Learning with Transformed features in Automatic Text
    Classification; Proceedings of ECML/PKDD-05 workshop on Sub-symbolic
    Paradigms for Learning in Structured Domains (Relational Machine
    Learning). pp. 11-20. Oct. 3-7, 2005. Porto, Portugal [PDF]
  2. T.Usami, W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura, S.Tsuruoka, and K.Sekioka:
    “Estimation of Respiratory Rate Using Long Term ECG Recording”:
    The 12th International Conference on BioMedical Engineering, sessionID:2B1-09,
    Dec. 7-10, 2005, Singapore
  3. K.Nagata, W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura, S.Tsuruoka, and K.Sekioka:
    “Myocardial motion tracking by adaptive combination of correlation and instantaneous
    phase difference of ultrasonic RF signals”:
    The 12th International Conference on BioMedical Engineering, sessionID:3B2-08,
    Dec. 7-10, 2005, Singapore

2004 年

  1. Takamasa YOKOI, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, and Fumitaka KIMURA:
    “Eigenspace Method by Autoassociative Networks for Object Recognition”:
    Ana Fred et al.(Eds.) Structural, Syntactic, and Statistical Pattern Recognition
    (Joint IAPR International Workshops SSPR2004 and SPR2004 Proceedings),
    Springer LNCS 3138: pp.95-103: (Lisbon, Purtugal, Aug. 18-20, 2004)
  2. Wataru OHYAMA, Toshikazu MURAMATSU, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA,
    Shinji TSURUOKA, and Kiyotsugu SEKIOKA:
    “Two Dimensional Motion Tracking of Left Ventricular Myocardium Using Ultrasonic
    Doppler Signal”:
    Proceedings of the Sixth IASTED International Conference on Signal and Image
    Processing: pp.436-440 (#444-187): (Honolulu, Hawaii, USA, Aug. 23-25, 2004)
  3. Yimei Ding, Wataru Ohyama, Fumitaka Kimura, and M.Shridhar:”Local Slant
    Estimation for Handwritten English Words”: Proceedings of the 9th International
    Workshop on Frontiers in Handwritten Recognition: pp.328-333,:(Kokubunji, Tokyo,
    Japan, Oct. 26-29, 2004)
  4. Meng Shi, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, and Fumitaka Kimura: “A
    Study on Decision Rule for Japanese Dictation Test”:
    Proceedings of the 9th International Workshop on Frontiers in Handwritten Recognition:
    pp.592-596,:(Kokubunji, Tokyo, Japan, Oct. 26-29, 2004) [PDF]

2003 年

  1. Shusaku SHIMIZU, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI and Fumitaka
    KIMURA:”Mirror Image Learning
    for Autoassociative Neural Networks”:Seventh International Conference
    on Document Analysis and Recognition (ICDAR’03) Proceedings, pp.804-808(Edinburgh, UK)
    [Abstract]
    [PDF]
  2. Guowei Zu, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, Fumitaka Kimura,
    “Accuracy improvement of automatic text classification based on feature
    transformation”: Proc: the 2003 ACM Symposium on Document Engineering
    (DocEng’03), pp.118-120, November 20-22, 2003, Grenoble, France
    [Abstract]
    [PDF]

2002 年

  1. T.Wakabayashi, M.Shi, W.Ohyama, and F.Kimura:
    “A Comparative Study on Mirror Image Learning and ALSM”:
    8th International Workshop on Frontiers in Handwriting Recognition Proceedings,
    pp. 151-156 (Niagara-on-the Lake, Ontario, Canada, Aug. 6-8, 2002)
    [Abstract]
    [PDF]
  2. W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura, S.Tsuruoka, and K.Sekioka:
    “Automatic Tracking of Local Myocardial Motion by Correlation Weighted Velocity Method”:
    Proc. 16th International Conference on Pattern Recognition: Aug. 11-15, 2002 Quebec City, Canada: Vol.1 pp.711-714
    [Abstract]
    [PDF]
  3. M.Shi, T.Wakabayashi, W.Ohyama, and F.Kimura:
    “A Comparative Study on Mirror Image Learning and GLVQ”:
    Proc. 16th International Conference on Pattern Recognition: Aug. 11-15, 2002 Quebec City, Canada: Vol.2 pp.248-252
    [Abstract]
    [PDF]
  4. M.Shi, T.Wakabayashi, W.Ohyama, and F.Kimura:
    “Automatic Grading Prototype System for KANJI Detection Test”:
    Proc. 16th International Conference on Pattern Recognition: Aug. 11-15, 2002 Quebec City, Canada: Vol.3 pp.232-236
    [Abstract]
    [PDF]
  5. W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura, S.Tsuruoka, and K.Sekioka:
    “Automatic Extraction of SPAMM Grid from MR Images by Grid Separation Filters and Active Contour Model”:
    Proc. International Congress on Biological and Medical Engineering: Dec. 3-7, 2002 Singapore: D4VA-0845
    [Abstract]
    [Full Paper:PDF]
  6. T.Muramatsu, W.Ohyama, T.Wakabayashi, F.Kimura, S.Tsuruoka, and S.Sekioka:
    “Two Dimensional Motion Tracking of Left Ventricular Myocardium Using Ultrasonic Doppler Signal”:
    Proc. International Congress on Biological and Medical Engineering: Dec. 3-7, 2002 Singapore: P5-4
    [Abstract]
    [Full Paper:PDF]

2001 年

  1. Meng Shi, Tetsushi Wakabayashi, Wataru Ohyama, Fumitaka Kimura:
    “Mirror Image Learning for Handwritten Numerial Recognition”:
    Second International Workshop on Machine Learning and Data Mining
    in Pattern Recognition (MLDM2001) Proceedings, pp. 239-248 (Jul. 25-27)
  2. Tetsushi Wakabayashi, Meng Shi, Wataru Ohyama, Fumitaka Kimura:
    “Accuracy Improvement of Handwritten Numeral Recognition by Mirror
    Image Learning”: Sixth International Conference on Document Analysis
    and Recognition (ICDAR’01) Proceedings, pp. 338-343 (Seattle,
    Washington, U.S.A., Sep. 10-13, 2001)
    [PDF]
  3. Yimei Ding, Masayuki Okada, Fumitaka Kimura, Yasuji Miyake:
    “Application of Slant Correction to Handwritten Japanese Address Recognition”
    : Sixth International Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR’01)
    Proceedings, pp. 670-674 (Seattle, Washington, U.S.A., Sep. 10-13, 2001)
  4. Meng Shi, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, Fumitaka Kimura:
    “Clustering with Projection Distance and Pseudo Bayes Discriminant
    Function for Handwritten Numeral Recognition”: Sixth International
    Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR’01) Proceedings,
    pp. 1007-1011 (Seattle, Washington, U.S.A., Sep. 10-13, 2001)

[TOP]


著書

2007年

  1. Bidyut B. Chaudhuri (Ed.): Digital Document Processing – Major Directions and Recent Advances: Springer ISBN978-1-84628-501-1: F.Kimura contributes Section 3 “OCR Technologies for Machine Printed and Hand Printed Japanese Text” (pp.49-72)

2002年

  1. 田村秀行 編著:「コンピュータ画像処理」:オーム社
    ISBN4-274-13264-1:
    木村が第2章の一部,第5章を執筆.

[TOP]


研究会・国内会議

2011年

  1. 成田了(指導教員:若林哲史):3次元空間中の文字の認識に関する研究:電子情報通信学会東海支部平成22年度卒業研究発表会(OA2-5)講演論文集 p.19 (3月9日,愛知工業大学)*卒業研究発表賞(優秀賞)受賞
  2. 成田了,大山航,若林哲史,木村文隆:3次元空間中の文字の認識に関する研究:信学技報 PRMU2010-284(2011-03) pp.275-279 (3月10日~11日,産総研つくばセンター)

2010年

  1. Gudila Paul Moshi, Lazaro S.P. Busagala*, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, Fumitaka Kimura: “An Impact of Parts of Speech Analysis on Automatic Classification of OCR Texts”: 信学技報 PRMU2009-220(2010-02) pp.75–80 (Feb. 18-19, 2010, 東京農工大学)
  2. 小牧優士,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配特徴を用いた顔画像の照合と認識”:信学技報 PRMU2009-244(2010-03) pp.67–72 (Mar. 15-16 2010, 鹿児島大学)
  3. 松田智晴(奈良先端大),大山航,若林哲史,木村文隆,関岡清次(関岡クリニック):“DP相関追跡法による局所心筋壁運動の自動追跡”:画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2010)(7月27日-29日,釧路市)(IS1-67)
  4. 市川貴大,大山航,若林哲史,木村文隆:“方眼格子を利用する地籍図のつなぎ合わせ”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(Q3-4)
  5. 粉川昭宏,大山航,若林哲史,木村文隆:“漢字 N グラムと品詞を用いた日本語テキスト自動分類”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(F1-3)
  6. 清水拓磨,大山航,若林哲史,木村文隆:“拡張色空間法のよる二次元カラーコードの色認識に関する研究”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(N1-7)
  7. 多田光博,大山航,若林哲史,木村文隆:“SVMによるナンバープレート領域抽出”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(N3-3)
  8. 古市唯,大山航,若林哲史,木村文隆:“DPマッチングを用いた手書き署名照合の高精度化”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(N2-2)
  9. 駱曦,大山航,若林哲史,木村文隆:“中国語文書のテキスト自動分類”:平成22年 度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(F1-2)
  10. 石川雅典,大山航,若林哲史,木村文隆:“顔画像からの表面ハイライト検出”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(P5-3)
  11. 伊藤太加志,大山航,若林哲史,木村文隆:“SVMによる署名照合手法の融合”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(N2-3)
  12. 伊藤康孝,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配を利用する円のHough変換を用いた両目の検出”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(P5-2)
  13. 寺田健二,大山航,若林哲史,木村文隆:“2次元カラーコードの実現を目指した画像中の色認識”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(N1-8)
  14. 中西真一郎,大山航,若林哲史,木村文隆:“線形予測誤差を用いたオンライン署名照合”:平成22年度電気関係学会東海支部連合大会(8月30-31日)(N2-1)

2009年

  1. Chen CHAO, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA and Kiyotsugu SEKIOKA: “Motion Tracking of Local Myocardial Tissue Using DP Tracking Method on M-mode Echocardiogram”: Proc. of International Forum on Medical Imaging in Asia 2009(信学技報)MI2008-65 pp.37-40(Jan. 19-22, Taiwan)
  2. 小牧優士,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配特徴の導入による顔画像認証の高精度化”:信学技報 Vol.108 No.432 pp.25–29 PRMU2008-212(Feb. 19-20, 東京大学生産技術研究所)
  3. 高橋勇介,大山航,若林哲史,木村文隆:“地籍図のつなぎ合わせのための方眼格子による方位推定”:信学技報 Vol.108 No.432 pp.169–174 PRMU2008-236(Feb. 19-20, 東京大学生産技術研究所)
  4. 横田智彦,大山航,若林哲史,木村文隆:“回転不変濃度こう配特徴とその顔検出への応用”:画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2009)(7月20日‐22日)(IS1‐3)
  5. 岡本大地,大山航,若林哲史,木村文隆:“チェインコード化一般化Hough変換を用いた正面顔正中線の自動抽出”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-209)
  6. 川添由美子,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配特徴を用いた署名照合の高精度化”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-214)
  7. 小牧優士,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配特徴を用いた棄却付き顔画像認識”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-208)
  8. Moshi Paul Gudila,大山航,若林哲史,木村文隆:“Automatic Text Classification using error-prone OCR”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-124)
  9. 市川貴大,大山航,若林哲史,木村文隆:“方眼格子を利用する地籍図のつなぎ合わせ”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-123)
  10. 粉川昭宏,大山航,若林哲史,木村文隆:“日本語新聞記事のテキスト自動分類”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-216)
  11. 清水拓磨,大山航,若林哲史,木村文隆:“二次元カラーコードの色認識に関する研究”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-217)
  12. 多田光博,大山航,若林哲史,木村文隆:“SVMによるナンバープレート領域抽出”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-122)
  13. 永谷圭祐,大山航,若林哲史,木村文隆:“色ヒストグラム特徴を用いた果実の良否判定”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-210)
  14. 古市唯,大山航,若林哲史,木村文隆:“DPマッチングを用いた手書き署名照合の高精度化”:平成21年度電気関係学会東海支部連合大会(9月10-11日)(O-215)
  15. 中山健太,大山航,若林哲史,木村文隆:“ウェーブレット縮退による超音波画像の高画質化”:平成21年度日本生体医工学会東海支部大会(10月17日)p.14(演題3)
  16. Chen CHAO, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI, Fumitaka KIMURA:“Semi-automatic Assessment of Local Myocardial Motion Using M-mode Echocardiogram”:平成21年度日本生体医工学会東海支部大会(10月17日)p.18(演題7)

2008年

  1. 伊藤豪,大山航,若林哲史,木村文隆:“逐次仮説検定法を用いた署名照合の高精度化に関する研究”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-378)
  2. 加藤裕康,大山航,若林哲史,木村文隆:“ナンバープレート認識を目的とした文字抽出のための文字列分割”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-357)
  3. 山本稔貴,大山航,若林哲史,木村文隆:“色コード読み取りのための画像中の色認識に関する研究-見本色削減とニューラルネットワークによる補間-”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-373)
  4. 岡本大地,大山航,若林哲史,木村文隆:“Merlin-Farber法による正面顔正中線の自動抽出”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-138)
  5. 川添由美子,大山航,若林哲史,木村文隆:“単一学習データによる署名照合の高精度化”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-376)
  6. 小牧優士,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配特徴を用いた見え方に基づく顔画像認証”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-139)
  7. 高橋勇介,大山航,若林哲史,木村文隆:“地籍図のつなぎ合わせのための方眼格子による方位推定”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-359)
  8. 中山健太,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“ウェーブレット縮退による超音波心断層像のスペックル除去”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-483)
  9. 横田智彦,大山航,若林哲史,木村文隆:“濃度こう配特徴を用いた顔検出”:平成20年度電気関係学会東海支部連合大会(9月18-19日)(O-136)

2007年

  1. Yuma Kuramoto, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, Fumitaka Kimura, Shinji
    Tsuruoka, Kiyotsugu Sekioka: “Modified Connected
    Multiple ROIs for Myocardial Motion Tracking in Echocardiogram”: Asian
    Forum on Medical Imaging 2007: 信学技報 Vol.106 No.510 p.113-116 (Jan. 25-27,
    Cheju, Korea)
  2. Koichi Nagata, Wataru Ohyama, Tetsushi Wakabayashi, Fumitaka Kimura, Shinji
    Tsuruoka, Kiyotsugu Sekioka: “Accuracy Improvement
    of Artery-Wall Displacement Tracking in Carotid Ultrasonography by Adaptive
    Combination Approach”: Asian
    Forum on Medical Imaging 2007: 信学技報 Vol.106 No.510 p.117-120 (Jan. 25-27,
    Cheju, Korea)
  3. 小池秀明,大山航,若林哲史,木村文隆:“色ヒストグラムを用いた虫画像の分類”:信学技報 Vol.107 No.57 pp.7–10 PRMU2007-2 (May 24–25, 三重大学)
  4. ファンミントゥン,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次:“MRタギング画像からの左心室心筋内タグ交点の完全自動抽出”:信学技報 Vol.107 No.57 pp.115–120 PRMU2007-21 (May 24–25, 三重大学)
  5. Nozomi NAKAO, Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI and Fumitaka KIMURA: “Automatic
    Facial Midline Detection and Its Impact on Facial Feature Extraction”: 信学技報
    Vol.107 No.206 pp.133–138(情報処理学会研究報告 2007–CVIM–160 pp.133–138)(Sep. 3–4,
    名古屋大学)
  6. Wataru OHYAMA, Tetsushi WAKABAYASHI and Fumitaka KIMURA: “Automatic Frontal Face Recognition Using Gradient Features”: 信学技報 Vol.107 No.206 pp.139–144(情報処理学会研究報告 2007–CVIM–160 pp.139–144)(Sep. 3–4, 名古屋大学)
  7. 伊藤豪,大山航,若林哲史,木村文隆:“逐次仮説検定法を用いた署名照合の高精度化に関する研究”:平成19年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日)(O-096)
  8. 小池秀明,大山航,若林哲史,木村文隆:“色ヒストグラム特徴の高次元化による虫画像分類の高精度化” :平成19年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日)(O-103)
  9. 山本稔貴,大山航,若林哲史,木村文隆:“色を用いたコード読み取りのための画像中の色認識に関する研究”:平成19年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日)(O-104)
  10. 加藤裕康,大山航,若林哲史,木村文隆:“単一静止画像からのナンバープレートの抽出”:平成19年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日)(O-118)

2006 年

  1. 小池秀明,大山航,若林哲史,木村文隆:“色ヒストグラムを用いた虫画像の分類”:平成18年度電気関係学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-454)
  2. Lazaro S.P. Busagala,大山航,若林哲史,木村文隆:“An Impact of Canonical Discriminant Analysis on Transformed Features in Automatic Text Classification”:平成18年度電気関係学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-495)
  3. 劉飛,大山航,若林哲史,木村文隆:“最小共有面積選択による地籍図再構成の高精度化”:平成18年度電気関係学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-496)
  4. 森田貢規,大山航,若林哲史,木村文隆:“ 5 層自己想起回路による分布の線近似に関する研究”:平成18年度電気関係学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-497)
  5. 川井隆史,大山航,若林哲史,木村文隆:“鋼材に手書きされた文字列の認識に関する研究”:平成18年度電気関連学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-501)
  6. 鈴木洋喜, 大山航, 木村 文隆, 若林 哲史:“SVMを用いた署名照合”:平成18年度電気関係学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-506)
  7. 仲尾望,大山航,若林哲史,木村文隆:“一般化Hough変換を用いた正面顔画像からの正中線検出”:平成18年度電気関係学会東海支部連合大会(9月28-29日)(O-507)
  8. 倉本勇真,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“改良型複数ROI結合相関法による心筋壁の運動追跡”: 平成18年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月14日)p.14
  9. 長田耕一,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“超音波RF信号を用いた頸動脈壁の高解像度運動追跡”: 平成18年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月14日)p.15
  10. 宇佐美俊之,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“長時間心電図記録からの呼吸レート推定に関する研究”: 平成18年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月14日)p.25

2005 年

  1. 村田真代,大山航,若林哲史,木村文隆:“OCR認識率と変数変換がテキスト自動分類に及ぼす影響”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.19(O-244)
  2. Lazaro Busagara,大山航,若林哲史,木村文隆:“Transformed Features for Machine Learning Techiniques in Automatic Text Classification”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.20(O-249)
  3. 柴田良祐,大山航,若林哲史,木村文隆:“車載カメラ映像を利用した前方障害物検出”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.23(O-343)
  4. 北村亮,大山航,若林哲史,木村文隆:“運動追跡可能な特徴点の自動抽出”:
    平成17年度電気通信学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.23(O-348)
  5. 劉飛,大山航, 若林哲史,木村文隆:“一般化Hough変換による地籍図の再構成に関する研究”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.24(O-349)
  6. 鈴木洋喜, 大山航, 木村 文隆, 若林 哲史:“SVMを用いた署名照合に関する研究”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.33(P-026)
  7. 川井隆史, 大山航,若林哲史,木村文隆:“鋼材に印字された文字列の認識”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.33(P-029)
  8. 森田貢規, 大山航,若林哲史,木村文隆:“自己想起回路による固有空間法を用いた物体認識”:
    平成17年度電気関係学会東海支部連合大会(9月15-16日)p.33(P-037)
  9. 竹岡正彦,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“磁気標識付きMR画像からの心臓領域とタグの自動抽出”:
    平成17年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月1日)p.18
  10. 仲村健史,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“超音波信号を用いた大動脈弁の動態解析”:
    平成17年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月1日)p.19
  11. 岩田智子,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“超音波RF信号を用いた動態解析に基づく頸動脈壁性状評価”:
    平成17年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月1日)p.20
  12. 倉本勇真,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信次,関岡清次:“超音波RF信号を用いた心筋壁の2次元運動追跡”:
    平成17年度日本生体医工学会東海支部学術集会(10月1日)p.21

2004 年

  1. 杉浦健, 大山航, 若林哲史, 木村文隆, 鶴岡信治,関岡清次:“頸動脈短軸超音波画像からの動脈壁内外膜自動抽出”:
    第43回日本エム・イー学会大会(5月19-21日)
  2. Lazaro Busagara,大山航,若林哲史,木村文隆:“特徴ベクトル正規化によるテキスト自動分類の高精度化”:
    平成16年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日) p.29(O-421)
  3. 横井孝征,大山航,若林哲史,木村文隆:“自己想起回路による固有空間法と物体認識:
    平成16年度電気関係学会東海支部連合大会 (9月27-28日)p.29(O-441)
  4. 棚瀬泰人,大山航,若林哲史,木村文隆:“漢字検定自動採点における多肢選択問題の自動採点”:
    平成16年度電気通信学会東海支部連合大会(9月27日-28日)p.31(O-477)
  5. 村田真代, 大山航, 若林哲史,木村文隆:“OCR文字認識率がテキスト自動分類に及ぼす影響に関する考察”:
    平成16年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日) p.37(p-110)
  6. 柴田良祐, 大山航, 木村 文隆, 若林 哲史:“車載カメラ映像を利用した前方障害物検出”:
    平成16年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日)p.38(p-124)
  7. 劉飛, 大山航,若林哲史,木村文隆:“一般化Hough変換による地籍図の再構成”:
    平成16年度電気関係学会東海支部連合大会(9月27-28日)P-143
  8. 北村亮,大山航,若林哲史,木村文隆:“運動追跡可能な特徴点の自動抽出”:
    平成16年度電気通信学会東海支部連合大会(9月27日-28日)p-145
  9. 岩田智子,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次:“超音波画像上の動態解析に基づく頸動脈性状評価”:
    平成16年度日本エム・イー学会東海支部学術集会(10月23日)p.9
  10. 竹岡正彦,大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次:“磁気標識付きMR画像からの心臓領域とタグの自動抽出に関する研究”:
    平成16年度日本エム・イー学会東海支部学術集会(10月23日)p.11

2003 年

  1. 清水周作, 大山 航, 若林 哲史, 木村 文隆:“自己想起回路の鏡像学習による手書き数字認識”:
    電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会(3月13日-14日):信学技報 PRMU 2002-233: Vol.102 No.707 pp.61-65
  2. 安井慎太郎,大山航,若林哲史,木村文隆:”搭乗者の自動抽出・認識に関する研究-改良フレーム間差分-“:
    平成15年度電気関係学会東海支部連合大会(10月2-3日)p.293(586)
  3. 三原佑典, 大山航, 若林哲史,木村文隆:“漢字検定試験自動採点システムに関する研究”:
    平成15年度電気関係学会東海支部連合大会 (10月2-3日) p.316 (631)
  4. 谷川 智, 祖 国威, 大山 航, 若林哲史, 木村文隆:“自己想起回路による英文新聞記事の自動分類”:
    平成15年度電気関係学会東海支部連合大会(10月2ー3日)p.320(640)
  5. 横井孝征, 大山航, 若林哲史,木村文隆:“CGと実写顔画像の照合による照明変化にロバストな顔認識手法”:
    平成15年度電気関係学会東海支部連合大会 (10月2-3日) p.326 (651)
  6. 杉浦 健,大山 航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次:“動的輪郭モデルによる高解像度超音波画像からの頸動脈壁の抽出”:
    平成15年度 日本エム・イー学会東海支部学術集会(10月25日) p.18 (9)

2002 年

  1. 瀬野 良太朗, 大山 航, 若林 哲史, 木村 文隆:
    “映像からのテロップ文字列抽出について”:
    平成14年度電気関係学会東海支部連合大会 (9月19-20日) p.325 (649)
  2. 亀谷 洋亮,大山 航,若林 哲史,木村 文隆:
    “地籍図中の文字列認識に関する研究”:
    平成14年度電気関係学会東海支部連合大会 (9月19─20日) p.325 (650)
  3. 祖国威 大山航 若林哲史 木村文隆:
    “英文新聞記事のテキスト自動分類”:
    平成14年度電気関係学会東海支部連合大会(9月19日─20日)p.326(651)
  4. 大門 正嗣,大山航,若林哲史,木村文隆:
    “加重方向指数ヒストグラム法を用いた手書き署名照合の高精度化”:
    平成14年度電気関係学会東海支部連合大会(9月19日─20日)p.329(657)
  5. 村松 俊和,大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “超音波ドプラを用いた左室心筋の2次元運動追跡”:
    平成14年度日本エム・イー学会東海支部学術集(10月26日) p.11(2)
  6. 大山航,若林哲史,木村文隆,鶴岡信治,関岡清次:
    “タグ分離フィルタと動的輪郭モデルを用いたMR画像からの磁気標識自動抽出”:
    平成14年度日本エム・イー学会東海支部学術集(10月26日) p.19(10)
  7. 村松 俊和,大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “心筋伸縮モデルによる左室心筋の2次元高解像度運動追跡”:
    平成14年度三重地区計測制御研究講演会(12月18日) pp.A6-1–A6-4

2001 年

  1. 大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “相関加重位相差法による超音波パルスドプラ信号を用いた
    局所心筋壁運動の自動追跡”:第40回日本ME学会大会(5月9日─11日)(3pd2-1)
  2. 村松 俊和,大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “超音波パルスドプラ信号を用いた心腔内差圧分布の計測”:
    第40回日本ME学会大会(5月9日─11日)(P1-18)
  3. 村松 俊和,大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “超音波ドプラにより得られる心腔内血流速度情報を用いた差圧分布計測”:
    平成13年度日本エム・イー学会東海支部学術集会(10月20日)p.11(#2)
  4. 大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “相関加重位相差法と心筋弾性モデルによる局所心筋壁運動の自動追跡”:
    平成13年度日本エム・イー学会東海支部学術集会(10月20日)p.13(#4)
  5. 村松 俊和,大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “超音波パルスドプラ信号を用いた心腔内血流速度及び差圧分布の計測”:
    平成13年度電気関係学会東海支部連合大会(11月29日-30日)p.342(683)
  6. 岡田 正之,大山 航,若林 哲史,木村 文隆:
    “鏡像学習による手書き漢字認識の高精度化”:
    平成13年度電気関係学会東海支部連合大会(11月29日-30日)(785)
  7. 弘瀬 裕子,大山 航,若林 哲史,木村 文隆:
    “複数モデルに関する対話型動作選択エディタ”:
    平成13年度電気関係学会東海支部連合大会(11月29日-30日)p.407(814)
  8. 村松 俊和,大山 航,若林 哲史,木村 文隆,鶴岡 信治,関岡 清次:
    “超音波ドプラにより得られる血流速度情報を用いた心腔内差圧分布計測”:
    平成13年度三重地区計測制御研究講演会(12月14日)A-3

[TOP]


博士論文

  1. 韓 雪仙(平成12年度,課程博士):ベイズアプローチによる最適識別系の構成と性能評価
  2. Ding Yimei(平成13年度,課程博士): Study on Slant Estimation and correction of Characters
    in Handwritten Document Interpretation
  3. 時 萌(Shi Meng)(平成13年度,課程博士):Study on Accuracy Improvement of Handwritten
    Character Recognition
  4. 澤 和弘(平成13年度,課程博士):劣化・変動のある文字列認識の精度向上に関する研究
  5. 祖 国威(平成15年度,課程博士):統計的分類手法による英文新聞記事のテキスト自動分類
  6. 大山 航(平成18年度,論文博士):超音波を用いた左心室心筋の運動追跡に関する研究
  7. 劉 飛(平成19年度,課程博士):一般化Hough変換による地積図の再構成に関する研究
  8. Lazaro S.P. Busagala (平成20年度,課程博士): Improveing Automatic Text Classification
    by Discriminant Analysis Techniques(Sep. 2008)

[TOP]


修士論文

平成22年度(2011年3月修了)

  1. 市川 貴大:方眼格子を利用する地籍図のつなぎ合わせに関する研究
  2. 粉川 昭宏:日本語テキストとテキスト画像の自動分類に関する研究
  3. 清水 拓磨:拡張色空間法による二次元カラーコードの色認識に関する研究
  4. 多田 光博:SVM によるナンバープレート領域検出に関する研究
  5. 古市 唯:DP マッチングを用いた手書き署名照合の高精度化に関する研究
  6. Luo Xi:A Study on Automatic Chinese Text Classififation

平成21年度(2010年3月修了)

  1. 岡本 大地:チェインコード化一般化Hough変換を用いた正面顔正中線の自動抽出
  2. 川添 由美子:濃度こう配特徴を用いた署名照合の高精度化
  3. 小牧 優士:濃度こう配特徴を用いた顔画像の照合と認識
  4. 高橋 勇介:方眼格子による方位推定と地籍図のつなぎ合わせ
  5. 中山 健太:ウェーブレット縮退による超音波心断層像のスペックル除去
  6. 横田 智彦:回転不変濃度勾配特徴とその顔検出への応用
  7. CHEN CHAO:Motion Tracking of Local Myocardial Tissue Using DP Tracking Method on M-mode Echocardiogram
  8. MOSHI GUDILA PAUL:An Impact of Lingustic Features on Automated Classification of OCR Texts

平成20年度(2009年3月修了)

  1. 伊藤 豪:逐次仮説検定法を用いた署名照合の高精度化に関する研究
  2. 加藤 裕康:ナンバープレート認識の高精度化に関する研究
  3. 山本 稔貴:2次元カラーコード画像の色認識に関する研究

平成19年度(2008年3月修了)

  1. 小池 秀明:色ヒストグラムを用いた虫画像の分類
  2. 仲尾 望:正面顔画像における正中線の自動検出とその顔部品抽出への応用

平成18年度(2007年3月修了)

  1. 宇佐美 俊之:長時間心電図記録からの呼吸レートの推定に関する研究
  2. 川井 隆史:鋼材に手書きされた文字列の認識に関する研究
  3. 倉本 勇真:高解像度超音波画像を用いた左心室心筋の運動追跡に関する研究
  4. 鈴木 洋喜:署名照合の高精度化に関する研究
  5. 長田 耕一:速度算出方法の組み合わせによる頸動脈壁運動追跡の高精度化に関する研究
  6. 森田 貢規:自己想起回路を用いた物体認識に関する研究

平成17年度(2006年3月修了)

  1. 柴田 良祐:車載カメラ映像を利用した前方障害物検出に関する研究
  2. 北村 亮:運動追跡可能な特徴点の自動抽出に関する研究
  3. 岩田 智子:超音波RF信号を用いた高解像度頸動脈壁運動追跡に関する研究
  4. 竹岡 正彦:磁気標識付きMR画像からの心臓領域とタグの自動抽出に関する研究
  5. 村田 真代:OCR文字認識率がテキスト自動分類におよぼす影響に関する研究

平成16年度(2005年3月修了)

  1. 劉 飛:一般化ハフ変換による地籍図の再構成に関する研究
  2. 杉浦 健:超音波画像を用いた頸動脈内膜輪郭抽出
  3. 棚瀬 泰人:漢字検定試験における多肢選択問題の自動採点
  4. 横井 孝征:自己想起回路を用いた物体認識に関する研究
  5. 白川 毅:3次元情報を利用した物体認識に関する研究

平成15年度(2004年3月修了)

  1. 三原 佑典:漢字検定試験の自動採点に関する研究
  2. 安井 慎太郎:搭乗者の自動抽出・認識に関する研究
  3. 谷川 智:自己想起回路によるテキストの自動分類に関する研究
  4. 大和 可奈:複数の特徴点を用いたマッチムーブの研究

平成14年度(2003年3月修了)

  1. 亀谷洋亮:地籍図中の文字列認識に関する研究
  2. 清水周作:鏡映法による自己想起回路の誤り訂正学習に関する研究
  3. 瀬野良太郎:映像からのテロップ文字列抽出に関する研究
  4. 大門正嗣:加重方向指数ヒストグラム法による手書き署名照合に関する研究
  5. 村松俊和:心筋伸縮モデルによる左室心筋の2次元運動追跡に関する研究

平成13年度(2002年3月修了)

  1. 岡田 正之:鏡像学習による手書き漢字認識に関する研究
  2. 弘瀬 弘子:複数モデルの対話型動作系列生成に関する研究
  3. 山田 容寛:図面中の文字列認識に関する研究

平成12年度(2001年3月修了)

  1. 石井 智:動物のアニメーション生成の自動化に関する考察
  2. 田中 秀和:遺伝的アルゴリズムによる四足歩行アニメーションの生成に関する考察
  3. 前川 豊宏:自己想起回路の誤り訂正学習の改良に関する考察

[TOP]